« 絆 | トップページ | 枠にはめる »

逃げること

逃げるのは卑怯だ、みっともないと言われることもありますが、あまりにつらい時には逃げてもよいのだと思います。ただ、逃げる先が大切です。逃れ場が確かであるなら、逃げることもまた幸いです。

主はわたしの岩、砦、逃れ場
わたしの神、大岩、避けどころ
わたしの盾、救いの角、砦の塔。
                     (詩編18編3節)

|

« 絆 | トップページ | 枠にはめる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃げること:

« 絆 | トップページ | 枠にはめる »