« 一年ぶりの更新 | トップページ | 絆 »

駅の書店で

ある本を長く探していたのですが、かなり大きな書店にもありませんでした。先週出張のついでに、乗り継ぎ駅の構内の書店にふらりと立ち寄り、書棚を眺めていたら、その本があったのです。

喜びつつレジ持って行きました。店員さんが「カバーかけますか」と笑顔で尋ねたので、「はい」と答えました。そして、1000円券の図書カードを手渡しました(その本は税込み999円だったのです)。

ところが、新品だと思って手渡したその図書カードは、すでに972円分を失っており、残りは28円だったのです。帰りの切符を買い求めた時点で、現金は600円ほどしか残っていませんでした。

カバーをつけてもらった本を、そのまま返しました。それでも店員さんは笑顔で、28円を硬貨にかえて渡してくださいました。

あらためて、その本を探し求める旅に出ます。

|

« 一年ぶりの更新 | トップページ | 絆 »

コメント

あららsad
それは残念でしたね。
次回その本を見つけた時、逃さない為にも
「探し求めていた本を買う為のお金」千円を封筒に入れて何時も、どこに行く時も持ち歩きましょうsmile

投稿: かあさんリス | 2011年2月10日 (木) 15時48分

9月26日上海からの帰りに現金を使い果たし、帰るのに困りましたでも家の主人が自宅にあったちょっとしたお薬を5000円前渡で買って下さる人がいて なんとかその5000円で家路に着くことが出来 その方には本当に感謝してます。後日お薬を送ることが出来て。家にも帰ることが出来本当に良かったです。ありがとうございました。

投稿: 村瀬明美 | 2011年9月27日 (火) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221114/38462267

この記事へのトラックバック一覧です: 駅の書店で:

« 一年ぶりの更新 | トップページ | 絆 »