« 奴隷と自由 | トップページ | 生まれて初めての味 »

聖書はわかる

 今日の礼拝説教は、ヨハネによる福音書4章27~42節から(その2回目)。

 サマリアの女から主イエスのことを聞いたサマリア人たちは、わたしたちのもとにとどまって、み言葉を教えてくださいと主イエスに願いました。主イエスはその願いを聞き入れられて、なお二日間サマリアの地に滞在され、み言葉を説き明かされました。
 主イエスを信じたサマリア人たちは、最初に自分たちに主イエスのことを伝えてくれた女に言いました-わたしたちが主イエスを信じるのは、もうあなたが話してくれたからではなく、自分で聞いて、このお方こそ救い主であることがわかったからです。

 自分で聞いて主イエスこそ救い主であられることがわかったということと、自分たちのもとにとどまってくださいと主イエスに願ったこととは、深く結び合っています。主イエスのもとにとどまり、み言葉を聞き続けるなら、必ず聖書はわかるのです。子どもであってもわかるのです。主イエスが、ご自身のみ言葉をわからせてくださるからです。

 イエス・キリストを信じるということは「盲信」とはことなります。わけのわからないままやみくもに信じるなら何らかのおかげがいただけるというのではありません。自分でみ言葉を聞き、み言葉が真実であるかどうかを調べて、そして信仰の確信が与えられていくのです。聖書のみ言葉にしっかりと立った、自立した責任のある人生が、そうしたいとなみの中で築かれていくのです。

「わたしたちが信じるのは、もうあなたが話してくれたからではない。わたしたちは自分で聞いて、この方が本当に世の救い主であると分かったからです」(新約聖書ヨハネによる福音書4:42)

|

« 奴隷と自由 | トップページ | 生まれて初めての味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221114/30515117

この記事へのトラックバック一覧です: 聖書はわかる:

« 奴隷と自由 | トップページ | 生まれて初めての味 »